【中京新馬戦】ケイサンフリーゼ 手応えV!松若「これからが楽しみ」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<中京4R>新馬戦を制したケイサンフリーゼ(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京4R新馬戦(ダート1400メートル)は2番人気のケイサンフリーゼ(牝=杉山晴、父リオンディーズ)が2番手から直線で抜け出した。松若は「オンとオフがしっかりしている。調教が凄く良かったし手応え通りの走りでした。これからが楽しみです」と笑顔で語った。半兄ドライヴナイト(父カジノドライヴ)はダート1400メートルで全6勝。杉山晴師は「ゲートは抜群だったし、勝負根性もある。言うことない」と評価した。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月14日のニュース