【セントウルS】ミスターメロディ あと一歩届かず3着「勝ち馬が強かった」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<セントウルS>2着に入ったメイショウグロッケ(左手前)、3着のミスターメロディ(中央)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 得意舞台でVを狙ったミスターメロディは好位から詰め寄るも、あと一歩が届かず3着。北村友は「イメージ通りの競馬はできたけど、千六(安田記念11着)からの休み明けで直線に向いた時の反応がひと息でした」と肩を落とした。それでも崩れなかったのは立派。藤原英師は「こっちもいい状態だったけど、勝ち馬が強かった。徐々に良くなっているし、次は無事ならスプリンターズSと思っている」と伝えた。 レース結果

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月14日のニュース