【中山新馬戦】アヴァノスV!上がり3Fメンバー最速「距離はこのくらいがいい」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<中山5R>新馬戦を制したアヴァノス(左手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山5R新馬戦(芝1600メートル)は3番人気のアヴァノス(牡=和田正、父ダイワメジャー)が、好位から伸びてデビュー勝ちを収めた。上がり3F35秒2はメンバー最速。丸山は「除外で2週延びたのが良かった。追ってからもしっかり体を使えていたし馬混みをさばけたのも大きい。距離もこのくらいがいい」と評価。和田正師は「ゲートをうまく出た。一生懸命走りすぎるところがあるので、その辺を調整していきたい。次走は様子を見ながら」と話した。 レース結果

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月14日のニュース