【中京新馬戦】テリオスルイ鋭伸V!松下師「水分を含んだ馬場も合っていた」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<中京5R>新馬戦を制したテリオスルイ(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京5R新馬戦(芝2000メートル)は8番人気テリオスルイ(牡=松下、父ジャングルポケット)が3角過ぎから一気に押し上げ、直線で突き抜けた。菱田は「リラックスして進められたのが良かった。道中は上手にバランス良く走れていたし、こういう馬場も良かった」と力のいる芝もいい方に向いたと話した。松下師も「水分を含んだ馬場も合っていたんじゃないかな。長くいい脚を使ってくれました」と振り返った。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月14日のニュース