【京成杯AH】2着スマイルカナ 大外枠が厳しく…柴田大「悔しい」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<京成杯AH>ハナ差で2着に敗れたスマイルカナ(左奥)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 スマイルカナはスタートこそ速くなかったが、2角で二の脚を使い一気にハナへ。マイペースに持ち込み、ゴール直前まで粘り込んだが、終始マークされた勝ち馬に鼻差でかわされ2着と涙をのんだ。柴田大は「悔しい。やはり大外枠が厳しかった。内枠ならもっと楽な競馬だった」と唇をかんだ。高橋祥師は「頑張ったけど、枠だけだったね。今後もマイル路線でしょう」とサバサバした表情で振り返った。 レース結果

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月14日のニュース