【中京10R】6億円アドマイヤビルゴ 秋へ弾みの完勝!友道師「菊花賞には行きません」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

ムーンライトハンデを制したアドマイヤビルゴ(右手前)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「6億円馬」アドマイヤビルゴ(牡3=友道)が中京10R・ムーンライトハンデを制し、オープン入りを決めた。17年セレクトセール当歳セリで史上2位となる6億2640万円(税込み)の値がついたディープインパクト産駒。5番手の外から直線で力強く抜け出し、1番人気に応えた。武豊は「完勝でしたね。馬体も数字以上に大きく見せたし、このままいい方向にいってほしい」とパワーアップを感じ取っていた。これで4戦3勝。友道師は今後について「菊花賞には行きません。2000メートル前後を使うことになりそうです」と見通しを語った。

続きを表示

「2021 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年9月14日のニュース