【京成杯AH】ボンセルヴィーソ3着 木幡巧は不利悔やむ「手綱を引っ張ったのが痛かった」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

<中山11R 京成杯AH>京成杯AHを制した横山典弘騎乗のトロワゼトワル(中央)。2着はハナ差で柴田大知騎乗のスマイルカナ(左奥)、3着はハナ差で木幡巧也騎乗のボンセルヴィーソ(右手前)撮影・西川祐介
Photo By スポニチ

 13番人気のボンセルヴィーソが3着。好位3番手から直線も鋭伸。上位2頭と鼻+鼻差の接戦に持ち込んだ。「この枠(2番)で先行力のある馬。前めで競馬しました」と木幡巧。「3~4角で前に入られて、手綱を引っ張ったのが痛かった」と悔やんだ。中山重賞では春のダービー卿CT2着に続く好走。「コースが合っているんでしょう。自らハミを取って、いつでも動ける感じだった」と激走を称えていた。 レース結果

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年9月14日のニュース