【ラジオNIKKEI賞】バビット、動き軽快ラスト1F13秒2 浜田師「動きも問題なかった」

[ 2020年7月2日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るバビット
Photo By 提供写真

 未勝利、早苗賞と2連勝中のバビットが重賞挑戦。坂路での動きも4F56秒5~1F13秒2と軽快そのものだった。浜田師は「先週、しっかり負荷をかけたので脚取りを確かめる程度。動きも問題なかった」。

 今回は未勝利勝ちの福島コースに替わる。「勝っているコースだし開幕週の小回り1800メートルはベストに近い。この馬の良さを生かしたい」と期待を込めた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月2日のニュース