船橋競馬、放送設備故障 5日目1~5Rが取りやめ

[ 2020年6月20日 05:30 ]

 船橋競馬場は場内放送設備の故障のため、19日に予定していた5日目の1~5Rを取りやめた。設備が復旧した6Rから再開、12Rまで計7レースが行われた。

 同競馬場によると放送設備の不具合を確認したのが午後1時55分。放送設備の復旧に努めたが復旧できず、午後2時33分に1Rの取りやめを決定。同48分に2Rの取りやめを決めた。その後も復旧に時間を要すると見込まれたため3~5Rも取りやめ。午後4時20分に復旧を確認し、午後5時半発走の6R以降の実施を決定した。

 千葉県競馬組合は「場内放送設備の不具合により、実況放送や審議放送などの裁決放送ができなくなったため、公正な競馬の提供ができないとの判断から競走を取りやめいたしました」と説明した。同競馬場では同様の理由で06年3月14日に全レース中止となる事例があった。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月20日のニュース