【東京新馬戦】ショベルヘッド、上々の伸び ルメール「乗りやすい」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

 ショベルヘッドの父カーリンは07年BCクラシック、08年ドバイWCなどG1・7勝。ルメールを背にした3日の追い切りは坂路4F54秒5~1F12秒4(馬なり)で上々の伸びを見せた。

 ルメールは「フットワークがいい。乗りやすい」と評価。藤沢和師は「しっかり乗り込んだので楽しみ」と期待している。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年6月5日のニュース