【東京新馬戦】ヨウコウザクラ、調教から軽快 尾形師も好感触「調教通りなら初戦から楽しみ」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

 牝馬限定の東京日曜5R(芝1600メートル)ではヨウコウザクラ(尾形、父エイシンフラッシュ)の動きが目立っている。1週前の5月27日にWコースで5F65秒0(馬なり)と水準以上の好時計。3日は三浦を背にWコース5F66秒8(馬なり)で軽快に動いた。

 尾形師は「動いてますね。気持ちの面では落ち着いて走れている。調教通りなら初戦から楽しみ」と好感触を得ている。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年6月5日のニュース