【東京新馬戦】ブエナベントゥーラ、父母合わせてG1・12勝 陣営「ためれば切れそうな感じ」

[ 2020年6月5日 05:30 ]

 ブエナベントゥーラは父がG1・6勝の新種牡馬モーリス。母は11年ジャパンCなどG1・6勝のブエナビスタ。父母合わせてG1・12勝の超良血だ。

 3日の最終追いはWコースで5F70秒8~1F13秒8(馬なり)で余力十分に力強い動き。森助手は「(同じ堀厩舎に在籍した)モーリスとは違うタイプの印象。ためれば切れそうな感じ。走りは前向きで、素質の高さを感じる」と評価している。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2020年6月5日のニュース