【馬券顛末記】いちばん取材したデアリングタクト 純粋にうれしい無敗2冠

[ 2020年5月24日 16:52 ]

<東京11R オークス>レースを制した松山騎乗のデアリングタクト(左手前)。右奥は3着に入った和田騎乗のウインマイティー(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 オークスは京都競馬場での観戦となった。京都メイン・烏丸Sのレース後。検量室前で「どこで見たらええんや」とオロオロしたが、うれしいことに無観客でもターフビジョンで映像を流してくれた。

 当方の本命はウインマイティー(13番人気)。対抗がウインマリリン(7番人気)。この2頭が直線抜け出して来たから興奮。思わず、「そのまま!!」と声が出た。

 が、現実は厳しい。1番人気デアリングタクトに“瞬殺”だ。印的には△○◎の順。それでも3連複1万5020円をなんとか引っ掛けることができた。

 実は、今週栗東トレセンでいちばん取材したのがデアリングタクト。杉山師から桜花賞Vの記念キャップとポロシャツを頂いた。プレッシャーが掛かるなか、無敗の2冠制覇は純粋にうれしい。

 で、なんで“△”やねんって話だが、これは穴記者の宿命のようなもの。ご勘弁を。久しぶりに気分良く京都競馬場を後にした。(5月24日、大阪本社・オサム@京都競馬場) 

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月24日のニュース