【オークス】パドックのツボ

[ 2020年5月24日 05:30 ]

 デアリングタクトは父エピファネイアをひと回り小さくしたサイズ。体重の割にボリューム感がある点は祖母デアリングハートと似ている。パドックは適度な気合乗り。初の遠征競馬で体重、落ち着きをチェックしたい。デゼルは東京遠征を経験済み。いつも通りに落ち着きがあれば。クラヴァシュドールは気持ちが入り、見方によってはチャカついて見える。中間は馬体増の傾向でプラス体重で出走なら理想的。ミヤマザクラはクイーンCで東京を経験。当時は観客の前でも落ち着いて歩けていた。パドックはよく見せるタイプ。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年5月24日のニュース