【オークス】(9)インターミッション 陣営「元気いっぱい」

[ 2020年5月24日 05:30 ]

 手塚厩舎3本の矢の一本、インターミッションは角馬場で体をほぐした後、Wコースをキャンターで1周して最終調整を終えた。平塚助手は「元気いっぱい。仕上がりもいい感じ」と好感触を伝えた。馬体重は400キロそこそこの小柄な牝馬ながら、勝負根性はなかなかのもの。桜花賞14着からの巻き返しは、デビューからコンビを組む石川に懸かっている。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月24日のニュース