【オークス】ミスターX スマイルカナ本命!再度の逃走劇に一票

[ 2020年5月24日 05:30 ]

 3歳牝馬の頂点を決めるオークス(東京11R)はスマイルカナを本命に指名する。桜花賞ではレシステンシアとの先手争いが注目を集めたが、この馬がハナへ。道悪で上がりがかかる馬場だったとはいえ、後続の追い上げをしのぎにしのいで3着に粘り込んだ。やはりハナを奪えばしぶとい。

 レシステンシアがNHKマイルCに回ったことで、ここは単騎逃げの様相。高橋祥師は「ここもいつも通り行くだけ。馬の気持ちを邪魔しなければいい走りをしてくれると思うよ」とニヤリ。距離については「やってみないと分からない」と前置きしつつも「自分のポジション(逃げ)なら大丈夫では」と期待の方が大きそうだ。再度の逃走劇に一票。(8)から(1)(2)(4)(5)(10)。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年5月24日のニュース