【オークス】AI予想 適性証明済みリリーが接戦制す

[ 2020年5月24日 05:30 ]

リリーピュアハート
Photo By スポニチ

 牝馬クラシック2冠目となるオークスは、指数トップに2頭が並ぶ大接戦。◎は2月にオークスと同じ東京芝2400メートルのゆりかもめ賞を制した(11)リリーピュアハート(指数81)だ。当時と同じ福永が手綱を取るのは強調材料。既に適性を実証している舞台でビッグタイトル獲得を狙う。

 もう1頭、トップの指数81を獲得したのは桜花賞5着からの臨戦となる〇(10)ミヤマザクラ。こちらは乗り替わりだが、武豊なら初騎乗でも期待は高まる。無敗の桜花賞馬(4)デアリングタクトは指数80で▲止まりも、上位2頭との差はわずかに1ポイント。桜花賞での走りを今回も見せられればチャンスは十分。フローラS2着馬の☆(5)ホウオウピースフルを穴馬として予測。

 本日の厳選「ワイド1点勝負」は京都3R。◎(1)ダンツイノーバ(指数96)と◯(12)ムジカ(同93)の実力が抜けている一戦だ。

 ≪オークスの指数≫
(1)デゼル65点
(2)クラヴァシュドール74点
(3)アブレイズ29点
(4)デアリングタクト80点
(5)ホウオウピースフル76点
(6)リアアメリア45点
(7)ウインマイティー54点
(8)スマイルカナ51点
(9)インターミッション13点
(10)ミヤマザクラ81点
(11)リリーピュアハート81点
(12)マジックキャッスル46点
(13)ウーマンズハート11点
(14)フィオリキアリ21点
(15)チェーンオブラブ5点
(16)ウインマリリン51点
(17)マルターズディオサ51点
(18)サンクテュエール68点

 【SIVA(シヴァ)予想】◎(11)リリーピュアハート、○(10)ミヤマザクラ、▲(4)デアリングタクト、☆(5)ホウオウピースフル、△(1)デゼル、(2)クラヴァシュドール、(18)サンクテュエール

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。過去のデータから算出する指数を基に予想し、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想をウェブ版とアプリ版で公開中。31日までiOSアプリおよびAndroidアプリ限定で、新規に月額会員に登録すると最初の1カ月(30日間)を無料(通常は月額3000円)で提供するキャンペーンを実施中。  

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年5月24日のニュース