【オークス】(16)ウインマリリン 手塚師の予想上回る成長力

[ 2020年5月24日 05:30 ]

ウインマリリン
Photo By スポニチ

 トライアルのフローラSを制したウインマリリンは角馬場で体をほぐした後、Bコース(ダート)に入り軽めのキャンターで1周。キビキビとした動きが目を引いた。平塚助手は「早い段階から長い距離がいいと思っていた。前走を使ってさらに良くなっている。ここまで予定通りに来ているし、いい状態で臨める」と期待の口ぶりだった。

 手塚師も「こちらが思っている以上に一戦ごとに成長している。デビュー当初からオークスを使いたいと思っていたし、本番を迎えられるのはありがたい」と期待に応えて成長した愛馬に目を細める。今回は主戦の横山武が騎乗停止中のため、父の横山典に乗り替わる。師は「1週前追いでお父さんに乗ってもらって、息子も“今まで乗った中で1番の感触”と言ってくれました」と笑顔を見せた。息子からバトンを受け取った横山典の手綱さばきに注目だ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年5月24日のニュース