【尼崎・G1センプルC】魚谷、地元30V挑戦「展開を突ける力はある」

[ 2020年3月31日 05:30 ]

 地元で唯一、優勝戦に駒を進めたのが魚谷。選手班長の重責を背負いながらなので立派なことだ。ファイナルは3コースからズバッとまくり差した準優と同じ3号艇。もちろん、狙うはその再現?「向かい風の方がいいですけど、追い風にも慣れてきましたからね。いい隊形に持ち込めれば、展開を突ける力はあると思ってます」。

 これまで積み上げてきた地元の優勝は29回。区切りの30回目が55周年以来の地元周年記念制覇なら、こんなにめでたいことはない。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2020年3月31日のニュース