【チャンピオンズC】ベリル育成NF菅谷場長「アリュール後継種牡馬も楽しみ」

[ 2019年12月2日 05:30 ]

無敗でチャンピオンズCを制したクリソベリルの馬上でガッツポーズの川田騎手 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 勝ち馬の育成を手掛けたノーザンファーム空港の菅谷清史場長も笑顔がはじけた。「まだまだ完成形ではないが着差以上に強い競馬をしてくれた。いずれはゴールドアリュールの後継種牡馬としても楽しみですね」。母クリソプレーズは今年死んだため、当歳の父キタサンブラックの牡馬がラストクロップ。1歳はおらず、2歳のヴァーダイト(牡=音無)が15日の2歳新馬戦(阪神芝2000メートル)を川田とのコンビでデビュー予定。 レース結果

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月2日のニュース