【チャンピオンズC】ドリーム「完璧」も届かず2着 今後は全て未定

[ 2019年12月2日 05:30 ]

最強砂王誕生!ゴール前でゴールドドリーム(左)、インティ(右)を抑え、チャンピオンズCを制したクリソベリル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 あと一歩だった。1番人気ゴールドドリームはスムーズに好位追走から直線を迎えた。外からインティに迫る。完全に勝ちパターンだったが、内に潜り込んだクリソベリルに差され、5度目のG1・2着。ルメールは悔しさをにじませた。「いいポジションを取れたし最後もよく伸びてくれた。勝った馬が強かった。一生懸命に走ってくれたが…」

 平田師も思いは同じ。「完璧。本当に完璧だった。だが、最後にやられた」。無念そうに絞り出すと「今後はオーナーと相談したい。全て未定」と続けた。王座奪還とはいかなかったがG1・5勝馬としての実力は証明。来年は7歳を迎えるが全く衰えていないことも示した。もうひと花、咲かせるシーンもあるはずだ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月2日のニュース