【チャンピオンズC】逃げ切れず…インティ3着 野中師「フェブラリーSに直行かな」

[ 2019年12月2日 05:30 ]

最強砂王誕生!ゴール前でゴールドドリーム(左)、インティ(右)を抑え、チャンピオンズCを制したクリソベリル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 みやこS15着からの逆襲を期したインティは3着。ダートG1春秋連覇はならなかったが、武豊の表情はすがすがしかった。「いい形でレースできた。直線で後続を引き離そうとしたが来られてしまったね。かなりレベルの高いレースだった」。好スタートから楽に先手を奪う。軽快なリズムでラップを刻んだ。脚色は衰えず、一瞬は逃げ切るかと思わせたがゴール前で強敵2頭の強烈な末脚に屈した。野中師は「まともに競馬をつくってくれて一安心。今後は状態を見てからだがフェブラリーS(20年2月23日、東京)に直行かな」とホッとした表情で今後のプランを語った。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月2日のニュース