【平和島・BBCトーナメント】長田 意地の準V「地元としてやれることはできた」

[ 2019年12月2日 05:30 ]

 地元勢からは唯一の決勝戦進出となった長田が、5コースからの鋭角のまくり差しで2着に食い込んで意地を見せた。「あれで届かなかったのなら仕方ない。スタートで様子を見たのは悔いが残るけど、しっかりレースはできたし、地元としてやれることはできました。決勝戦の中でも引けを取らない、いい舟足をしていました」。今節は初日に5コースから1着を獲っていた。再現とはいかなかったが、準Vに一定の充実感を漂わせた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年12月2日のニュース