【香港国際競走】日本馬、ディアドラなど4競走に9頭スタンバイ

[ 2019年12月2日 05:30 ]

 香港国際競走が8日、シャティン競馬場で行われる。アーモンドアイは回避したが日本馬は4競走に9頭スタンバイ。既に英国から移動したディアドラ(牝5=橋田)を含め、全馬がシャティン競馬場に入った。

 ▼ディアドラ(込山助手)気温差のある場所への移動で多少の発汗はあるが、輸送もおとなしく順調で元気。

 ▼ウインブライト(野木厩務員)4月の香港遠征の時よりもおとなしくて、いい輸送ができた。

 ▼ノームコア(磯部厩務員)初の飛行機輸送だったが順調にうまくいった。到着してからも普段通りの様子。

 ▼グローリーヴェイズ(竹内助手)カイバを食べて水を飲み、日本国内での輸送と状態は変わりない。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年12月2日のニュース