【平和島・BBCトーナメント】田村「棚ぼた」初代王者!新ルール“攻略”今年3個目G1タイトル

[ 2019年12月2日 05:30 ]

第1回BBCトーナメントで優勝した田村はチャンピオンベルトを肩にかけガッツポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 平和島のプレミアムG1「第1回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」は1日、12Rで決勝戦が行われた。トーナメント3戦で全て3着以内に入った6人による争い。前日の枠番抽選で1号艇を引き当てた田村隆信(41=徳島)が逃げ切って初代王者に輝いた。

 4着以下なら即敗退の過酷なルール、決勝戦のガチンコ枠番抽選…。初代バトルチャンピオンに輝いた田村の「得点率トップでもないのに1号艇。“棚からぼた餅”だった。今節、一番満喫したのは自分だと思う」という言葉に、今大会の醍醐味(だいごみ)が集約されていた。

 決勝戦前日に行われた枠番抽選。この日のために開発された、あみだマシンに運命を委ねた。先に抽選した5人は1号艇を引けず。田村が残り物の福を引き当てた。このチャンスを逃すはずがなかった。コンマ12の的確なスタートを決め、イン速攻で圧勝。ピットに引き揚げてきて、まず発したのが「いいタイムが出たと思う」。その言葉通り、平和島の現行エンジンのレコードを更新する1分45秒8。「1Mのターンも道中も完璧。後ろをちぎっていたのでタイムが出たかなと思った」。抜群の足に仕上げ、超速で駆け抜けた。

 最大のポイントは、3日目準決勝11Rだった。道中4番手から、2周2Mでこん身のターンを繰り出し赤岩を逆転。3着に入り、決勝戦に滑り込んだ。「落ちてきた“ぼた餅”に手が届く位置にいられたことは良かった」と振り返った。運だけでは成し遂げられなかった戴冠劇だ。

 10月鳴門周年、11月蒲郡周年に続き、今年3個目のG1タイトルをゲット。11月の桐生チャレンジカップでも優出。ここ2カ月、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。今後は7日から始まる大村周年を挟んだ後、いよいよ住之江グランプリ(17~22日)を迎える。トライアル1stからの登場となるが、今大会決勝で毒島、吉川、瓜生のトライアル2nd組を寄せ付けなかった。「大村の結果によるが、リズムは自分が1番だと思う」。意気揚々と年末の頂上決戦に挑む。

 ◆田村 隆信(たむら・たかのぶ)1978年(昭53)3月15日生まれ、徳島県出身の41歳。99年11月に徳島支部の85期生として鳴門一般戦でデビュー。01年1月の蒲郡一般戦で初優勝。SG3回、G114回を含む通算58V。主な同期は井口佳典、森高一真、湯川浩司ら。1メートル72、52キロ。血液型B。

 《決勝戦VTR》進入は展示、本番共に123・456。インからコンマ12のスタートを決めた田村が危なげなく先マイ。1Mで決着をつけた。5コースから全速まくり差しを狙った長田が2着。最内を突いた吉川が3着。スタートで後手に回った毒島は、外4艇を止めたもののジカまくりが流れて後退。差しへの切り替えが遅れた柳沢、1Mで前が詰まった瓜生も見せ場をつくれなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年12月2日のニュース