【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】17日福島11R 本格化ムードが漂うショームの差し切りを期待

[ 2019年11月17日 08:00 ]

 土曜に東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳Sは、衝撃の結果だった。ムーア騎乗の1番人気コントレイルが、早め先頭から5馬身差のワンサイド勝ち。マイネルデステリョが掛かり気味にハイラップで逃げた結果とはいえ、優勝タイム1分44秒5は従来の2歳レコードを1秒1も更新した。他のレースでも好時計が連発しており、タイム自体を過大評価することは避けたいが、極めて優秀なパフォーマンスだったのは間違いない。2着アルジャンナと3着ラインベックも例年ならVに値する走りを見せており、上位3頭の今後を注視していきたい。

 本日の当欄で取り上げるのは福島11Rのリステッド競走・福島民友C。4歳秋にして本格化を遂げた感があるショームに自信の◎で勝負する。少しずつ階段を上がるように力を付け、2走前の安達太良Sを制して条件クラスを卒業。ひと息入れて初めてオープンクラスに出走した前走のグリーンチャンネルCでも、後方から最速の上がりで2着。早々にめどを立てた。全14戦中9戦で最速の上がりをマークしている典型的な追い込み脚質だが、小回りの福島ダートは過去2戦2勝と好相性。攻め気配も申し分なく、ズバッと差し切る。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月17日のニュース