【梅ちゃん先生 特別編】17日東京11R マッチョで勝負

[ 2019年11月17日 08:00 ]

 本紙コラムではマイルCSのレイエンダをイチ押ししたが、東京11R・霜月Sはベストマッチョを推奨する。レイエンダ同様に馬群にモマれ弱いのが泣き所。レイエンダと同じ大外枠なら馬群を避けられる。

 前走は放牧による馬体充電が功を奏して体重10キロ増。ハイペースを3番手で先行して4着に粘り込むレースぶりにも復調気配が感じられた。負担重量も前走から1キロ減のハンデ56キロ。ひと叩きされた上積みも見込める。東京ダートコースはメンバー最多の5勝。丈夫で長持ちするセン馬とあって、6歳秋を迎えてもマッチョなボディーに衰えはない。条件が好転した今回は十分に狙える。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月17日のニュース