【エ女王杯】クロコスミア 逃げ切りあと一歩…3年連続の2着

[ 2019年11月11日 05:30 ]

<エリザベス女王杯>ラッキーライラック(左)にかわされ2着に終わったクロコスミア(右は3着のラヴズオンリーユー)(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 あと一歩、あとひと押し…。クロコスミアは今年も2着。3年連続同一G1・2着はジャパンCダートにおけるワンダーアキュート(11~13年)以来(84年以降)、2頭目の無念の記録。藤岡佑は「あともう少し…。あそこまで行ったら勝ちたかった」と絞り出すように語った。 レース結果

 ジワッとハナに立ち、1000メートル通過は62秒8と絶妙なペース配分。3角で加速して後続との差を広げ、1番人気ラヴズオンリーユーを振り切った。悲願達成は目前。だが勝ち馬の強襲に屈した。西浦師は「最高の競馬。よく頑張ってくれた。何も言うことはない」と力走を称えた。オーナーサイド(大塚亮一氏)によれば、今後は有馬記念(12月22日、中山)を視野に入れる。前を向くのみだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月11日のニュース