【エ女王杯】サンデーR初勝利 吉田代表がライラック鞍上絶賛!

[ 2019年11月11日 05:30 ]

<エリザベス女王杯>口取り写真に収まるスミヨン騎手(右から2人目)とラッキーライラック。中央が松永幹夫調教師(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 サンデーレーシングはエリザベス女王杯初勝利。JRA・G1は秋華賞以来で今年5勝目。吉田俊介代表は「心配性の騎手ならもっと早く動いていたと思うが、どっしり構えていた」と初コンビのスミヨンを評価。「やっと勝てた」と18年チューリップ賞以来の勝利を喜んだ。ノーザンファームは昨年のリスグラシューに続いて連勝。今年のJRA・G1・13勝目。吉田勝己代表は「最後の最後まで何が勝ったのか分からなかった。よく勝ってくれた」と語った。 レース結果

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2019年11月11日のニュース