【東京新馬戦】フィオリキアリV!宮崎「奥の深さがある」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

 東京4R新馬戦(芝1600メートル)は豪G1コーフィールドCを制し勢いに乗る清水久厩舎のフィオリキアリ(牝、父キズナ)が、エンスロールとの叩き合いを制して勝利。手綱を取った宮崎も「センスがいい。伸びてるところからもう一段伸びた。奥の深さがある」と称えていた。 レース結果

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月21日のニュース