【菊花賞】ルークス 上がり最速も2着「ヴェロックスを見ながらかわせたが…」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

<菊花賞>2着のサトノルークス(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 福永サトノルークスが無念の2着。中団の外でしっかり折り合いをつけ、4コーナーの坂の下りで進出。直線はメロディーレーンと並ぶ上がり3F最速タイの35秒7で粘り強く伸びたが、先に抜けたワールドプレミアに首差まで迫ったところがゴールだった。初騎乗の福永は「4コーナーを回るまでは思い描いた通り。ヴェロックスを見ながらかわせたんですが、内にもう1頭いました」と肩を落とした。 レース結果

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月21日のニュース