【ローズS】ピンクダイヤ 脚伸ばして先着「動きは良かった」

[ 2019年9月12日 05:30 ]

<ローズS>CWコースで併せて追い切るシゲルピンクダイヤ(右)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 シゲルピンクダイヤは渡辺師を背にCWコースでラヴォアドゥース(2歳未勝利)と併せ馬。追走する形から徐々に差を詰め、ゴーサインで一気に加速。1F12秒0と鋭く脚を伸ばして先着した。同師は「全体的に速くなったが動きは良かった」と納得の表情。前走・オークスは直線で伸びを欠き12着。「牝馬で気難しい馬なので、その影響もあったのかも。今は落ち着きがあるし好走している阪神で改めて」。巻き返しに闘志を燃やした。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年9月12日のニュース