【セントライト記念】無敗ザダル びっしり12秒6併入「余力もあった」

[ 2019年9月12日 05:30 ]

<セントライト記念>併せで追い切るザダル(左)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 3戦無敗のザダルはWコースで併せ馬。ハルサカエ(3歳2勝クラス)を1馬身追走し、4角で早々と内に馬体を併せる。直線は馬なりながら、びっしり併せラスト1F12秒6で併入した。「暑さもあるし、全体的に整える感じの調教。余力もあってコントロールも問題なかった」。手綱を取った岩藤助手は満足そうに振り返った。

 新馬戦から500万、プリンシパルSと、いずれも首差で3連勝。同助手は「派手なパフォーマンスではないが、どのレースも危なげなくきっちり勝ち切っている。適性はまだ分からないが毎回違う競馬をしており引き出しも多い」と内容を評価する。

 馬運車が苦手で競馬場に着くとテンションが上がるタイプだが「この夏は北海道への輸送も経験して、それほど問題はなかった。馬運車への耐性も上がっているはず」と同助手。無敗街道を突き進むか。真価を問う一戦となる。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年9月12日のニュース