【ローズS】ウィクトーリア 馬なり12秒4「スムーズに加速」

[ 2019年9月12日 05:30 ]

<ローズS>メイショウヤクシマ(奥)と併せて追い切るウィクトーリア(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 栗東で調整中の関東馬ウィクトーリアはCWコースで笹田厩舎のメイショウヤクシマ(6歳3勝クラス)と併せ馬。直線で内からスッと半馬身ほど前に出たが、その後は馬なりのままフィニッシュ。1Fは12秒4だった。土明助手は「先週は4角でモタつくところもあったが今日はスムーズに加速してくれた」。ここ2走は後方からの競馬で好走。「ゲートが良くなかったので後ろからになったが、リズム良く運べればどこからでも競馬はできる。好きなポジションを取れるようにゲートを出てくれたら」とポイントを挙げた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年9月12日のニュース