【筑後川特別】佐々木厩舎Vイクゾ!叩き2走目で雰囲気を漂わせる

[ 2019年8月2日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・小倉=1日】広大な敷地の栗東と違い、小倉の厩舎地区を端から端まで歩いても所要時間は知れている。柏原が真っ先に向かったのは佐々木厩舎。先週、休み明けの国東特別で3着だったショウリュウイクゾ(牡3)がそのまま残り、筑後川特別(日曜9R)で連闘を仕掛けてきた。レース後の状態を佐々木助手に確認すると「今週は調整程度。順調ですよ」と笑顔。叩き2走目なら、さらに動けそうな雰囲気を漂わせている。

 佐々木厩舎といえば障害重賞6勝アップトゥデイトが先週、登録を抹消。引退後は馬事公苑で乗馬になる。担当スタッフを務めていただけに「凄くお世話になった存在。引退前に牧場に合いに行きたかったけど、先週も小倉滞在で行けなくて…。いずれは京都競馬場で乗馬になる話もあるようなので、そうなると合いやすいですね」と再会を心待ちにする。相棒から学び、接した時間は丸ごと財産。その経験を生かして日々、馬づくりに励んでいる。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2019年8月2日のニュース