北村宏復帰で手腕注目!土日新潟で6鞍騎乗予定

[ 2019年8月2日 05:30 ]

ブリッツェンシチーの追い切り騎乗した北村宏(撮影・郡司 修)          
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=1日】朝一番。小田は坂路テレビにくぎ付けになっていた。今週から復帰する北村宏を背にしたブリッツェンシチー(レパードSに登録)が登場するからだ。3月2日の中山で落馬し頭部外傷、右側頭骨陥没骨折などの重傷。千葉県船橋市の病院でリハビリを続け、6月21日から調教を再開していた。パートナー相手に余力十分に併入。小田が古賀慎厩舎に向かうと、北村宏はキリリとした表情で「復帰週からオファーを頂き、ありがたい。しっかり気持ちに応えられるように頑張りたい」と話した。

 午後の出馬投票の結果、賞金900万円の10頭中2頭だけの無念の除外。復帰週の重賞騎乗は果たせなかった。それでも、JRA通算1325勝を誇る巧腕にはいずれも新潟で土曜4鞍、日曜2鞍の騎乗依頼があった。黙々とリハビリを続け、5カ月ぶりにターフに戻ってきた鞍上の手綱さばきを、小田は現地新潟で見届けようと思った。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月2日のニュース