【函館新馬戦】プリンスリターンV!原田「真面目で自在性ある」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

<函館新馬戦>ゴール前の直線で一気に駆け抜けゴールしたプリンスリターン(左)
Photo By スポニチ

 函館5R新馬戦(芝1200メートル)は原田騎乗の5番人気プリンスリターン(牡=加用、父ストロングリターン)が2番手から抜け出した。外から迫った1番人気アメージングサンを首差で退け、「真面目で自在性がある。ある程度内枠の馬が出て行ったが、僕のも二の脚が速くいいポジションが取れた。1番人気の内にいられたのが良かった」と笑顔の鞍上。次走は未定。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年7月7日のニュース