【梅ちゃん先生 特別編】7日福島11R テンダネスで勝負

[ 2019年7月7日 08:00 ]

 七夕賞はウインテンダネス狙い。休養明けをひと叩きされて気配が明らかに上がってきた。馬体の張りが増し、動きも本来の伸びやかなフットワークに戻ってきた。2連覇が懸かっていた目黒記念は久々のせいで本調子を欠いていたが、それでも6着と実力の一端を示した。3年以上前の成績とはいえ、福島2000メートルは2戦2勝。チャンスが膨らむ。

 時計のかかる馬場でソールインパクト、決め手比べでロシュフォール、ミッキースワローが浮上するが、穴なら先行力あるブラックスピネル。枠連<7><7>に一考。

 中京11R アードラーの大駆け

 プロキオンSは左回り7F戦のスペシャリスト、アードラーで大穴を狙う。東京の同距離はペースが落ち着きやすいため追い込みが利かないが、流れが速くなりやすい中京なら十分に間に合う。先行馬のそろったここは末脚全開だ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年7月7日のニュース