【中京新馬戦】ファシネートゼット差し切り!松若「最後は余裕あった」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

 中京6R新馬戦(ダート1400メートル)は2番人気ファシネートゼット(牝=平田、父ヘニーヒューズ)が3番手から差し切った。松若は「2着馬をかわす時の脚は凄く良かった。馬群での競馬もできた。最後はまだ余裕もあったので、これからが楽しみ」と振り返った。平田師は「並んでいくまでに時間がかかるけど、並べばビュッといける。馬群の中でも辛抱できていました。この後はひと息入れて考えます」と話した。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年7月7日のニュース