【馬券道コバヤシ 特別編】7日福島11R 外差しズバッとウインテンダネス柴田大と紡ぐ七夕伝説

[ 2019年7月7日 08:00 ]

 普通に馬券を買っていた若いころには意識していなかったことがある。馬場の傾向だ。毎週毎週、予想を立てる身となって大切さを実感したファクター。福島は開幕週が重い馬場で芝を使い込まれ、2週目にしてはや外差しが決まるようになってきた。

 馬券の狙いは福島11Rの七夕賞。荒れる重賞と言うだけあって、単勝オッズは割れに割れている。本命はウインテンダネス。もともとが使って良くなるタイプ。叩き2走目は16→3着、5→1着と変わった実績を持つ。福島は2戦2勝。鞍上の柴田大は前回7月7日の七夕賞(13年)をマイネルラクリマでV。今年も“七夕伝説”をつくってもらおう。アウト差しを決める!

 馬券は馬連で相手は○ロシュフォール、▲タニノフランケル、☆ブラックスピネル、以下△エンジニア、ソールインパクト、ストロングタイタン、クレッシェンドラヴへ流す。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年7月7日のニュース