【函館新馬戦】リュウノゲキリン納得V!松岡「期待していた」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

好い位置からゴール前の直線を一気に逃げ切ったリュウノゲキリン(左)
Photo By スポニチ

 函館6R新馬戦(ダート1000メートル)4番人気リュウノゲキリン(牡=牧田、父グランプリボス)が2番手から抜け出して初陣Vを飾った。松岡は「攻め馬から動きが良く、期待していた」と納得の笑み。「芝、ダートどちらでかと考えてダートの方が向いているかなと。スタートも速かったし距離は6~7Fくらいが良さそう。気性が課題で、落ち着きが出ればいい」と振り返った。次走は函館2歳S(21日、函館)へ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年7月7日のニュース