【五稜郭S】ガーネット 鼻差差し切りV!ルメール「いい脚を使う」

[ 2019年7月7日 05:30 ]

ゴール前の直線で大外から強襲でゴールしたサトノガーネット(11)
Photo By スポニチ

 函館11R・五稜郭Sは1番人気のサトノガーネットが鼻差の接戦をものにしてオープン入り。序盤の行き脚こそつかなかったものの、中団の後ろから差し切った。「この馬らしく後ろからでペースも遅く心配したが、3~4角から加速。いつも直線はいい脚を使う」とルメール。矢作師は「滞在でも体重が増えないのが課題」と、この日もマイナス6キロだった馬体重を懸念した。次走はクイーンS(28日、札幌)を予定。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年7月7日のニュース