【宝塚記念】レイデオロ、臨戦態勢整う 藤沢和師「蒸し暑くならずに調整しやすかった」

[ 2019年6月18日 05:30 ]

 レイデオロはドバイから帰国後、放牧を挟んで万全の臨戦態勢を整えている。「昨年はドバイ遠征の疲れが残って宝塚記念を使えなかったが、今年は順調。蒸し暑くならずに調整しやすかった」と藤沢和師。

 1週前追い切りに騎乗した主戦・ルメールは「あと1本時計を出せばトップコンディションになる。ナイトレースが嫌なのか、ドバイでは2年連続で引っ掛かったが、昼間のレースなら大丈夫」と手応えをつかんでいた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月18日のニュース