【馬券道コバヤシ 特別編】4日京都11R 末脚生きる舞台でタガノディアマンテ躍動

[ 2019年5月4日 08:00 ]

 レース部の記者がゴールデンウイークに長期連休を取れることは少ない。公営競技にとってはいわば“かき入れ時”。ボートレース津には足かけ何年通っただろう。この時期にはスポニチの後援レース「パール賞競走」が行われる。今日4日が準優勝戦で日曜日は優勝戦。そちらの行方も気にしつつ、馬券といこう。

 令和になっても「京都新聞杯」は秋のイメージが抜けない。今は春の開催。トライアルではないとはいえ、勝てばダービーへの道が開ける。本命はタガノディアマンテ。前走の皐月賞は穴馬の一頭と思って△を振った。単勝183・5倍はちょっと信じられなかったが、上がり2位の末脚で6着まで持ってきた。

 このレースは過去10年で上がり最速と2位の馬で7勝を挙げている。京都の外回りらしく、しまいの脚を持っているタイプがいい。3走前のきさらぎ賞は大外から突っ込んで2着。コース替わりは大歓迎、きっちりと差し切る。

 馬券は馬単で相手は○フランクリン、▲モズベッロ、☆ブレイキングドーン、以下△オールイズウェル、ヴァンケドミンゴ、ロジャーバローズ、トーセンスカイへ流す。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2019年5月4日のニュース