【新潟1R】令和初勝利はテンザワールド&西谷誠

[ 2019年5月4日 11:03 ]

 JRAの“令和初勝利”は、新潟1R・障害未勝利戦のテンザワールド(牡5=大久保)と西谷誠(42)が挙げた。同レースが行われたのは4日の午前9時50分。同日開催の京都、東京より先に発走したため、これが令和一発目のレースとなった。

 障害初出走のテンザワールドはスピードの違いでハナへ立つと、楽な手応えのままに道中をクリア。飛越も無難にこなし、17年レパードS(7着)で3番人気に推された能力を存分に見せつけた。西谷は「遊んでいる面もあるし、伸びしろはまだまだある。自信はありました」と満足そうに振り返った。

 ウイナーズサークルでは「令和最初だからね」とファンのサインに応じた西谷。報道陣に話題を振られると「そうなんですよ!障害騎手たちと冗談で“令和最初に落馬するのは嫌だな”と話していたので、よかったです」と満面の笑みだった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年5月4日のニュース