【香港・クイーンエリザベス2世C】リス、国内最終追い坂路11秒8 

[ 2019年4月18日 05:30 ]

坂井瑠星騎手を背に夜明け前の坂路で追い切るリスグラシュー
Photo By 提供写真

 香港G1・クイーンエリザベス2世カップ(28日、シャティン)に出走するリスグラシュー(牝5=矢作)が栗東坂路で国内最終追い切りを行った。先週に引き続き坂井(レースはマーフィー)が騎乗し、4F53秒1。ラスト1Fは11秒8と極上の切れ味を見せた。坂井は「調教はいつも動く馬ですが、今朝もしまいの反応は素晴らしかった。動き、息遣いも問題なし。落ち着きもあります」と好感触を口にした。18日午後、関西国際空港から出国。同レースにはディアドラ(牝5=橋田)、ウインブライト(牡5=畠山)も出走を予定している。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年4月18日のニュース