【大寒桜賞】リオンリオン 進化途上もV「前走より覇気があった」

[ 2019年3月25日 05:30 ]

<大寒桜賞>逃げ切って勝利したリオンリオン(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 中京9R、3歳500万の大寒桜賞は中盤のラップをグッと落として4番人気リオンリオン(牡=松永幹、父ルーラーシップ)が逃げ切った。横山典は「前走に比べて返し馬から覇気があった」と出来の良さを勝因に挙げた。祖母はトゥザヴィクトリーという血統馬。「この血統は(体質が)弱いイメージで、まだまだ先だね」とジャッジ。次走はダービートライアルのいずれかを予定している。

続きを表示

「優駿牝馬 第80回オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2019年3月25日のニュース