【マーチS】戦い終えて

[ 2019年3月25日 05:30 ]

 ▼3着リーゼントロック(松岡)4角先頭のこの形しかない。早めに行って差されたら仕方ないというのが、この馬のスタイル。いけたと思ったが…。

 ▼4着ヒラボクラターシュ(戸崎)スタートも出て好位で進められたが最後はジリジリになってしまった。

 ▼5着サンマルデューク(武士沢)ハンデ53キロに加え展開も向いた。

 ▼6着ロードゴラッソ(藤岡佑)道中はおっつけ通しだったが直線で内から伸びた。距離がもっとあれば、まだ伸びた感じ。モマれた経験が生きてくれれば。

 ▼7着グレンツェント(ミナリク)いいポジションで3~4角の手応えも良かったが、直線で思ったほど伸びなかった。

 ▼8着ジョーダンキング(蛯名)位置を取りに行こうと思えば取れるが、跳びが大きくて中に入ると持ち味が生きない。手応え良く回ったが重賞は初めて。これから力をつけていくはず。

 ▼9着センチュリオン(内田)うまく流れに乗っていい競馬をしたが最後は休み明けの分、止まってしまった。次は良さそう。

 ▼12着アルドーレ(古川)内枠がアダに。包まれたことがないから、いつもの感じで走れなかった。

 ▼14着エイシンセラード(津村)もうちょっと渋った馬場の方がいい。

 ▼16着ハイランドピーク(横山和)3角すぎからこの馬の持ち味を生かすように出していったが、後続も付いてきた。まだ毛ヅヤもひと息、右にモタれるし状態も途上の感じ。暖かくなって良くなると思う。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年3月25日のニュース