【マーチS】2着ロンドン 休み明け手応え!次走に期待

[ 2019年3月25日 05:30 ]

 トップハンデ57・5キロのロンドンタウンが韓国G1馬の意地を見せる2着。勝ち馬の切れ味には屈したが、好位からしっかり伸びた。初コンビの吉田隼は「前半はいくらかハミをくわえて力んだが、道中はいいリズムでジッとできた。休み明けでこれだけやれれば楽しみ」と手応え十分。韓国G1・コリアC連覇を達成した昨年9月から6カ月半ぶりの実戦。18キロ増だったが次につながる走りだった。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年3月25日のニュース