【高松宮記念】戦い終えて

[ 2019年3月25日 05:30 ]

 ▼5着ティーハーフ(国分優)厩舎がしっかり仕上げてくれた。最後は突き抜けそうな反応。(9歳の)年齢を感じさせなかった。

 ▼6着レッツゴードンキ(岩田康)脚をためられたが直線でブレーキを踏んだのが痛かった。

 ▼7着デアレガーロ(池添)道中はロスなく運べたが直線では外に行くしかなかった。上位は全部内枠。不完全燃焼です。

 ▼8着ロジクライ(ルメール)コーナーでぶつけられた。直線は頑張ってくれたが…。

 ▼9着アレスバローズ(川田)(3角でスムーズさを欠いて)あれでは競馬にならない。

 ▼10着ラインスピリット(森一)内でロスなく運べたが伸びなかった。馬自体は良くなっている。

 ▼11着ダイメイフジ(丸山)外枠で内に潜り込めなかった。

 ▼12着ペイシャフェリシタ(松田)直線で伸びそうな雰囲気はあったが枠の差が大きかった。

 ▼13着ヒルノデイバロー(横山典)よく頑張っている。

 ▼14着ナックビーナス(大野)状態は上がっていたが3角でゴチャついて…。

 ▼16着ダイメイプリンセス(M・デムーロ)前走よりも状態は良かったが外枠がきつかった。

 ▼18着ラブカンプー(酒井)ブリンカー効果で楽に前に行けたが…。結果的に行き切った方が良かったかな。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年3月25日のニュース